Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zonodesign/zono-design.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284
Advanced Custom Fields

Advanced Custom Fieldsを使って画像付きカテゴリー一覧を作る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Advanced Custom Fieldsを使って画像付きのカテゴリー一覧を作る

1.一覧を表示する固定ページを作る

一覧を表示する固定ページを作り、その固定ページ専用のファイルを作ります。
例:「カテゴリー一覧」という固定ページを作って、categorylistというパーマリンクにし、categorylist.phpのファイルを作る。

2.phpファイルにコードを書く

■ get_categories()のパラメータ一覧
キー デフォルト値
hide_empty 投稿がないカテゴリーを読み込まない場合は1
投稿がないカテゴリーを読み込む場合は0
1
child_of その値のIDを持つカテゴリーの子カテゴリーを読み込むならそのIDの数字を指定する
その値のIDを持つカテゴリーの子カテゴリーを読み込まないなら0
0
parent その値のIDを持つカテゴリーの親カテゴリーを読み込むなら1
その値のIDを持つカテゴリーの親カテゴリーを読み込まないなら0
0
hierarchical 1を指定すると、子カテゴリーが空でなかった場合、その親であるカテゴリーが空でも読み込む 1
include 読み込みたいカテゴリーのIDをコンマで区切って指定する。 なし
exclude 読み込みたくないカテゴリーをコンマで区切って指定する。 なし
pad_counts 子カテゴリーも含めて投稿の数を合算してカウントする場合は1。
個々のカテゴリーを個別にカウントする場合は0
0
number 読み込むカテゴリーの上限を指定する なし
orderby カテゴリーの並び替えを行う。
id name slug cout term_groupと、どの方法で並べるか設定できる
name
order 並び替えの順序を指定する。
ASCかDESCかで選べる
ASC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

wordpressサイト制作ならzono design千葉

新着情報やブログを自社で更新したいというお客様のために、世界基準のCMSであるWordPressの導入をオススメしています。
WordPressをカスタマイズすれば、制作実績、物件情報、施工実績など更新が頻繁にあるページでもご自身で更新できて便利です。

wordpressを使用したホームページ制作でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちら