Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/zonodesign/zono-design.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284
wordpress

ロリポップでwordpressを使用している時のhttps化(無料のSSL独自)する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

https化(無料のSSL独自)した方が検索結果にも有利になるというのを読んで、検索結果に表示されるようになってアクセス数増えて欲しいので、独自SSL化することにしました。

ロリポップのヘルプにも方法は書いてありましたが、簡単にしか書いていないので、忘却録として詳しく書いていきたいと思います。

ロリポップで独自SSLを設定するには

ロリポップの管理画面にログインして独自SSL設定画面へいく

ロリポップの管理画面にログインします。
左側にあるメニューの「セキュリティ」にマウスを置くと、サブメニューがでてきますので「独自SSL証明書導入」をクリックします。

「独自SSL(無料)を設定する」ボタンを押す

少し下へ下がると「独自SSL(無料)」という太くて大きい文字が見えると思います。
そこの下に「SSL保護されていないドメイン」が表示されます。表示されていない場合は「SSL保護されていないドメイン」のタブをクリックしてください。

独自SSLを設定したいドメインを選んでチェックを入れます。
「独自SSL(無料)を設定する」というボタンを押します。

独自SSL(無料)が設定されるのを待つ

すると「SSL設定作業中」というように変わるので待ちます。
5分位で設定が完了するそうです。

完了

「SSL保護有効」になったら完了です。確かに5分くらいで完了になりました!

自分のサイトをhttps://で見てみましょう。
無事に表示されたら完了です。

https化した後にWordpressでやること

https化したら、今度はwordpressでも設定することが色々とありますので、一つ一つやっていきます。

WordPressのURLをhttps://に変更する

WordPressダッシュボードにログインします。
そして、左にあるメニューから「設定」→「一般設定」をクリックします。
その中で、WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)の欄を見てみます。http://で始まっていると思いますが、それをhttps://に変更して、「変更を保存」で保存します。

投稿に入っているhttp://をhttps://へ変更していく

ページ内のすべてのURLをhttps~に変更しなければ鍵マークはつかないので、画像や内部リンクをすべて置き換えます。
「Search Regex」というプラグインを使うと一括で置き換えることができます。

1.「Search Regex」をダウンロード

「Search Regex」というプラグインをダウンロードします。
Wordpressの左メニューのツールから「Search Regex」をクリックします。

2.http://のURLを検索する

検索画面に入力します。

入力するところは2箇所。それ以外は触らなくてOKです。

Search patternにhttp://のURLを入れます。
このブログを例にすると「http://xxxxx.com/」にします。

Replace patternにhttps://のURLを入れます。
このブログを例にすると「https://xxxxx.com/」にします。

そして、「Search」ボタンを押します。

3.確認して置き換える

「http://xxxxx.com/」のURL一覧が出てくるので、それをざっと見てみて問題なさそうでしたら「Replace&Save>>」ボタンを押せば、置き換えは完了です。
「Replace&Save>>」を押すとやり直しはできないので、注意しましょう!

GoogleアナリティクスとSearch Consoleの設定を変更する

GoogleアナリティクスとSearch Consoleの設定もちゃんと変更しておきましょう。

下記の記事がわかりやすかったので、ご参照ください。

https://junichi-manga.com/https-analytics-search-console/

簡単にSSL対応のサイトが作れるロリポップを利用してみませんか?
詳細は下記のバナーからご覧ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加